ニワトリノニワ






ニワトリノニワのニワトリたちをご紹介します。

岡崎おうはん


国の研究機関である「独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場」が開発した国産鶏です。
黒と白のまだら模様が特徴的な鶏。
ニワトリノニワにおいては、暑さや寒さに弱く、産卵率は低め。でも、エサはよく食べます……


ボリスブラウン


日本でよく飼われている茶色のニワトリ。茶色のきれいな卵を産みます。
産卵率もよく、ニワトリノニワの主力になっています。


シェーバーブラウン


ニワトリノニワに新しく来たニワトリ。ヒヨコからの飼育もしています。
ニワトリノニワにおける産卵能力はまだ未知数。



ニワトリノニワのニワトリたちの起床時間は、季節によって異なります。
日没とともに眠るのですが、8時間睡眠になるように調整しますので、9月頃でだいたい朝の2時45分に目覚めさせます。

エサの時間は、8:30〜11:30にかけて。エサを食べている時間以外は、広い運動場で走り回ったり、草をつついたり、のんびりと自由に過ごしています。


ニワトリノニワトップページへ戻る

株式会社ニワトリノニワ
787-0151 高知県四万十市竹島4372
TEL/FAX 0880-33-1510
info@niwatorinoniwa.co.jp